肝臓病と肥満専門のクリニック

TEL.082-545-1199
〒730-0051 広島市中区大手町1丁目1-20 相生橋ビル9F

エコーって何枚写真をとるの?

当院の院長は肝臓専門医です。そのため、年間で2000件以上のエコーをしています。「はい、そこで息を止めて。」ピッ(画像を保存する音)「吐いてー、楽にして、楽にして。大きく吸ってー、そこで息を止めて。」ピッ(画像を保存する音)

このようにして、一人につき、22~25枚の写真を撮っています。「たくさん撮っていれば、後で見直す時に役立つから」というのが院長の持論ですが、医療機器メーカーによれば、これはかなり多い数だそうです。通常の内科医は10枚位、専門医でも20枚位が一般的だとか。院長の神経質な性格が、いえ、慎重な性格がよく表れていると思いませんか?

エコー室の電動ベッド

「少しだけ見える範囲が広がるんですよ」「もしかしたら、すい臓がんの早期発見につながるかもしれません」当院ではエコーをする時、50歳以上の方には脱気水500mlを飲んでもらっています。脱気水を飲んで座った状態でエコーをすると、寝たままの状態よりも膵臓がみえやすくなるからです。もちろん脱気水を飲んで座ったからと言って、誰でも見えるようになるわけではありません。個人差もあり、膵臓の微妙な位置によって、ほとんど見えない人もいます。

患者様:脱気水を飲んでみたものの、横になって待っている間に吐きそうなった。「座って下さい」と言われたが、途中で体を起こすのは辛かった…。
看護師:大きい人の場合(背中に置いた三角枕がズルズル下がるので、それを支えようとして)手や腰が痛くなる…。
院 長:年配の方がしんどそうに上体を起こすのを見ると、なんだか申し訳ない気持ちになるなぁ…。

という訳で、この度、エコー室に電動ベットを導入しました。患者様には、脱気水を飲んだ後、背もたれのある楽な姿勢でお待ち頂けるようになりました。横になったり座ったりする動作も、院長のペダル操作一つです。看護師が患者様の背中を支える必要もなくなりました。
「このベット、楽でしょう! 背もたれだけでなく、ベット自体も上がったり下がったりするんですよ」嬉々とした解説と共に、只今、院長が一番楽しそうに使っております。

 

院長、予習は終わりましたか?

当院の院長は、予習をしている。次の日に来られる患者様の診察内容を予習しているのである。予習をする時に、採血のオーダーをメモする。採血のオーダーとは、レストランでお客様が料理を注文するように、院長が看護師へ注文する(指示を出す)採血項目のことである。

「〇〇さんは脂肪肝で、前回はエコー検査をしたから、今回は採血して血糖などを調べてみよう」
院長はカルテを一人ずつ開きながら、次の日の採血オーダーをメモしていく。そして当日は、看護師がそのメモを見ながら検査会社へ依頼を出し、その検査に必要な量の採血をするのである。

看護師も予習をしている。
「院長、〇〇さんは前回、尿酸が高いようですが、今回、尿酸のオーダーは要りませんか?」
「あっ、入れといて。」
院長の採血オーダーもしっかり目を通す、ダブルチェック機能が有難い。
出来上がったメモをチェックするため、皆が院長の周りで待っている。
「院長、予習は終わりましたか?」