肝臓病と肥満専門のクリニック

TEL.082-545-1199
〒730-0051 広島市中区大手町1丁目1-20 相生橋ビル9F

②B型肝炎ワクチンは抗体を調べる

<内容>

B型肝炎に感染しないために、B型肝炎ワクチンを接種するという方法があります。ワクチンを接種することで、B型肝炎に対する抗体ができ、抗体がB型肝炎に感染することから防いでくれるのです。今回は、そのB型肝炎ワクチンの抗体について、ご紹介します。

(1)病院へ行けばすぐにワクチンが接種できますか?
B型肝炎ワクチンは、病院へ行ったからといって、すぐに打てるわけではありません。知らないうちに、すでに抗体を持っている人が人口の20~30%いるからです。そこで、ワクチンが必要かどうかを調べるために、まず採血を行います。
(2)ワクチンは何回しますか?
原則として、3回接種します。これはワクチン接種後の抗体価を表したグラフです。縦軸が上に行く程、抗体価は高くなります。個人差があるものの、2回の接種では、抗体価はあまり高くありません。しかし、3回目の接種で、抗体価は急激に高くなっています。
(3)必ず抗体はできますか?
B型肝炎の抗体は、3回打ってもできない人がいます。打った人のうち、約5%の人には抗体ができません。そのため、3回のワクチン接種後、1ヶ月目に、抗体ができたかどうかをチェックします。

2018年9月11日

④B型肝炎ワクチンが必要な人とは?

<内容>

どのような人がB型肝炎ワクチンを受けるべきなのでしょうか?その接種方法について、ご紹介しています。

(1)B型肝炎ワクチンが必要なのはどんな人ですか?

B型肝炎に感染する可能性が高い人です。例えば、パートナーがB型肝炎キャリアの方は必要ですね。また、看護師や歯科衛生士など、医療従事者の方も接種した方が良いと思います。

(2)B型肝炎ワクチンの接種方法は?

B型肝炎ワクチンは、基本的に3回接種します。1本目のワクチン接種後、2本目は1ヶ月後に、3本目は5~6ヶ月後に接種します。

(3)A型肝炎ワクチンと同時接種はできますか?

A型肝炎ワクチンとB型肝炎ワクチンは、同時に接種できます。右腕と左腕、別々に接種することで、同じ日に接種することが可能です。

2018年6月21日

③B型肝炎の抗体ができなかったら?

<内容>

B型肝炎ワクチンを接種したからといって、誰でも必ず抗体ができるというわけではありません。人によっては、できない方もいます。今回は、そんな時の対処法について、ご紹介しています。

B型肝炎の抗体ができなかったらどうすればいいですか?

(1)ワクチンの接種回数を増やす
ワクチンを3回打ったのに抗体ができなかった場合、抗体の出来具合をチェックします。抗体は陰性でも、できかけているような抗体価なら、ワクチンを1~2本追加すればできることが多いです。しかし、抗体価が極端に低く、明らかにできていないような場合には、前回と同様のスケジュールで、再び3回打つのが良いと思います。
(2)ワクチンの打ち方を変える
ワクチン接種には、皮下注射、すなわち皮膚のすぐ下に注射する方法と、筋肉注射、すなわち皮膚の下の筋肉に注射する方法があります。抗体は、筋肉注射の方ができやすいです。
(3)ワクチンの種類を変える
B型肝炎には、「ビームゲン」「ヘプタバックス」という2種類のワクチンがあります。1種類のワクチンを3回打って抗体ができなかった場合には、もう1種類のワクチンを使用するのも1つの方法です。

2018年5月28日