肝臓病と肥満専門のクリニック

TEL.082-545-1199
〒730-0051 広島市中区大手町1丁目1-20 相生橋ビル9F

2021年02月01日 

お雛様劇場(15)「鬼滅の刃!?」

お殿様が鬼にさらわれ、一人救出に向かったお姫様。それを知った家来達は、慌ててお姫様の後を追いかけます。

先頭を行く右大臣「姫様、どうかご無事で…(祈り)」
後に続く五人囃子達「姫様がお怪我されていませんように…(祈り)」

しかし、到着してみると、思いもかけない光景が広がっていました。なんと、お姫様が鬼の頭上から刀を突き立てているではありませんか。

「殿の縄をすぐに解きなさい!」

お姫様の雄姿を見て、はしゃぐ左大臣。

「姫様、ゴ―!ゴー!」

後方でその様子を見ていた家来達も、すっかり寛いでおります。

高齢者の見解:「姫様は、まるで(木曽義仲の女武者)巴御前(ともえごぜん)じゃな。」
オタクの見解:「(月から来た姫だから)セーラームーンはどうですか?」
若者の見解:「(持っているのは)鬼滅の刃だ!」
右側の五人囃子「(ニヤリと笑いながら)さしずめ、殿は男の禰豆子(ねずこ)ですね」

縄で縛られ、竹のさるぐつわをつけられて、状況が理解できないお殿様。

一人で寂しく黄昏ながら「なぜ、誰も助けに来ようとしないのだ…??」

お姫様は皆に聞こえない様に、小さく呟きました。

「私は、(巴御前の様に)薙刀(なぎなた)なんて、持っていないわよ!
(セーラームーンの様に)月に代わってお仕置きもしません!
殿だって、(鬼滅の刃の様に)鬼化していないんだから!」

それを聞いた鬼も、小さく呟きました。

「僕も、ただの赤鬼ですぅ…(泣)。」
待合室の飾りを「鬼滅の刃!?」仕様に変更しました 2021年2月

お雛様劇場:54年前のお雛様を季節に合わせて、待合室に飾っています。

カテゴリー

タグ